何故、こういう暑い夏にカーディガンを着ているのか?

夏場といえば猛暑太陽が続き、熱情している時症でクリニックに運ばれたなどとTVの通信では流れていますが、私のしている時で夏場の七つ道具はカーディガンになります。
実は空調にとてもか弱いのです。空調の座敷に数スパンいるととても寒くなってしまうのです。そんな体調で空調の効いていない野外出ると
すさまじい温度の開きになってしまうので余計に体調が悪くなってしまいます。ですので、夏場の七つ道具はカーディガン等ののちから着るものが手放せません。
今は、クールビズという言葉も明々白々になって、夏には夏場なりの社の格好も定着して来ましたが、まだまだ、空調が直接的あたる当のテーマもあり、
また、私の作業場のようにプレハブのマンションですと、お決まり何もしない状態だとマンション際がものすごく熱くなってしまい、空調が効き始めると寒さがとまらないというような
状況もあります。もう少し空調の冷房わざが進歩して適度な温度の規定ができればいいなと思っています。
こんなマンションで仕事をしているので、逆に冬場は温かく、夏は寒い状況なのです。いっそ、マガジン上でも清々しいくらいに夏場のカーディガン特集くらいあってもいいのでは
と思ってしまう。
また、寒いと想うのは女性だけでなく、自分は夫で、夫も寒いと受け取ることを付け加えておきます。
http://xn--pcmax-5c4djct1ajcva2i8i1e1rb.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です